事件犯罪

FBIはすべての型のiPhoneをクラックを試みる

アップル

FBI trying to crack all iPhone models

FBIはすべての型のiPhoneをクラックを試みる

Last week the FBI announced that, with the help of a third-party, it could hack into the iPhone5C held by gunman Rizwan Farooq, and ended their legal dispute with the tech giant.

先週、FBIは第三者の協力によって、(サン・バーナディーノ事件の)銃撃犯リズワン・ファルークが所持していたiPhone5Cをハックし、テックの大手企業(Apple)との法廷における討論を終わらせると発表した。

Now despite requests from Apple to reveal the security flaw, the FBI is keeping it to itself and attempting to use the same techniques on other iPhone models.

現在、アップルからのセキュリティの欠陥を明らかにするように要請があったにもかかわらず、FBIはそれを秘密にしており、この技術を他のiPhone機種に使用することを試みている。

In cases such as this the government must debate whether to make the security flaw public, tell the company about it in confidence, or keep it for themselves to use when needed. It often takes months to reach a decision.

このようなケースの場合、政府はセキュリティーの脆弱性を公開するか、アップルにだけ内々で伝えるか、あるいは、秘密にしておき必要な時に使うのか議論しなければならない。しばしば決定までに数ヶ月かかることがある。




サンバーナーディーノ銃乱射事件

2015年12月3日にカリフォルニア州で起こった銃乱射事件で14名が死亡しています。

IS(イスラム国)に関連したカップルの犯行で、すでに二人とも射殺されています。

犯人のリズワン・ファルークがiPhone5Cを所持していましたが、パスワードロックが掛かっていたためFBIはアップルに対して解除を求めていました。

またアメリカ全土で犯罪に関わったと見られるロックされたiPhoneが多数あり、FBIは捜査機関などが使える専用の裏口(バックドア)を作るようにアップルに求めていました。

もはやサン・バーナディーノ事件の犯人のiPhoneだけの問題ではなく、iPhone全体のセキュリティに関わる事態になっています。

Appleの対応

FBIの要求に対して、法廷でも争われていましたが、アップルは拒否しています。

理由はいくつかありますが、iOSにバックドアを作ることは可能ですが、作れば流通しているiPhone全体のセキュリティを弱めることにつながります。

また犯罪事件とはいえ、国家権力からの要請で顧客である個人のプライバシーを侵害することの問題があります。

Facebookはじめテック系の企業はアップルの姿勢を支持しています。

法廷ではFBIはiPhoneに侵入しても良い判決が出ていましたが、アップルが協力する義務はなく「FBIがiPhoneをハックしたければご自由にどうぞ」といった態度でした。

アップルとしても自社製品のセキュリティを弱めることなど到底、認められるものではありません。

この点に関してFBIはアップルの非協力的な姿勢を非難しています。また少なからず遺族から非難の声があがっていました。

アップルにも当然、アメリカ人の従業員がおり、別にイスラム国を守りたいわけではない点も複雑な心理になっています。

様々なジレンマ

アメリカ政府もジレンマを抱えており、犯罪事件に関与したiPhoneのロックを解除することは安全保障の意味でも重要です。

しかしバックドアを作ると、今度は全iPhoneユーザーのセキュリティレベルを下げ、国民を危険に晒すことにつながります。

今まではFBIがアップルに対してロック解除の方法をもとめていましたが、今回、解除が成功したことでアップルがFBIに情報を求める立場になりました。

FBIが解除できることは、他の悪意ある人間が解除する可能性もあり、アップルとしても見過ごすことができない脆弱性だといえます。

法律によってこのようなセキュリティの欠陥をFBIのような連邦機関が発見した場合、メーカーに通達する義務があります。安全保障の面から考えても当然の義務といえます。

しかしFBIがアップルに通達すると、またアップルはセキュリティを強化して、ロック解除できないiPhoneを作ります。するとFBIがまた困る結果になります。

今後、FBIがどのような対応を取るのかが注目されています。

関連記事

  1. トランプ大統領 トランプ大統領、すぐに世界中の指導者に敵と味方を作る
  2. トランスジェンダー アメリカの主要な企業がアメリカのトランスジェンダー支援を表明
  3. マラソン大会 マラソン大会でコースを間違えて262人が失格
  4. 砂糖入りドリンク フランスでソフトドリンクの無料おかわり禁止
  5. 置換冤罪防止アプリ 痴漢冤罪防止アプリのクラウドファンディングが開始
  6. SHAT 小田原市の福祉担当職員が不正受給者を「ドレッグス」自らを「シャッ…
  7. 葛西駅 東京の地下鉄で女性が刺される
  8. 逮捕 99歳の女性が楽しみのために逮捕

おもしろニュース

  1. ユーチューバーへのストーカーで逮捕 ストーカー
  2. プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の会計士はアカデミー賞から出禁に アカデミー賞
  3. マラソン大会でコースを間違えて262人が失格 マラソン大会
  4. プレイボーイ誌にヌードが復活 プレイボーイ
  5. ビリヤード選手の大井直幸さんのインタビューがネットで拡散 ビリヤード

かんたん英語ニュース

  1. 水族館からタコが脱走 ニュージランドの水族館
  2. ジョニー・デップが月に3万ドル(338万円)をワインに使う ワイン
  3. ビリヤード選手の大井直幸さんのインタビューがネットで拡散 ビリヤード
  4. 小さなカビの区画が170万円で売れる フレミング
  5. チョコとクッキーがわかれた「たけのこの里」が当たるよ! たけのこの里

上級者向け英語ニュース

コンフリクトキッチン アメリカの活動家は偏見との戦いに食べ物を使う

Activists using food to combat bigotry in the US…

国籍放棄 なぜ以前より多くの人々がアメリカを離れるのか?

Why are more people leaving the US than ever befor…

託児所 託児所が両親に対して「電話から離れろ!」

Day care to parents: “Get off your phone!!!!!”託児…

辞書 メリアム・ウェブスター辞書が1000以上の新語を追加

Merriam Webster dictionary adds over 1,000 new wor…

PAGE TOP