政治経済

トランプ大統領、すぐに世界中の指導者に敵と味方を作る

トランプ大統領

Trump quickly making friends and foes of world leaders

トランプ大統領、すぐに世界中の指導者に敵と味方を作る

During his first weeks in office, US President Donald Trump has been meeting with various heads of government. However, not every encounter has gone smoothly.

在任して初めての数週間で、ドナルド・トランプ米大統領はさまざまな政府主要との会談を行った。しかし、すべての接触がスムーズにいったわけではなかった。

After a heated exchange with Mexican President Peña Nieto over the boarder wall, a scheduled in-person meeting was cancelled. More recently, Trump abruptly ended a 25 minute phone call with the Prime Minister of staunch US ally Australia, Malcolm Turnbull, regarding a deal to accept over 1,000 refugees.

メキシコ大統領ペーニャ・ニエトとの、国境の壁を巡る激しいやり取りの後で、予定されていた直接会談はキャンセルされた。さらに最近、トランプ大統領が唐突に25分で電話会談を終わらせたのは、信頼できるアメリカの同盟国オーストラリアの首相マルコム・ターンブルで、1000人以上の難民を受け入れるかの問題に関してだった。

During both phone calls Trump is said to have berated Peña Nieto and Turnbull while also bragging about his own election success. White House Staff said that while Trump has been hostile towards some leaders, he is on good terms with others such as Shinzo Abe and Vladimir Putin.

この2つの電話会談で、トランプはペーニャ・ニエトとターンブルを怒鳴りつけ、一方で自らの選挙戦の成功を自慢したのだと言われている。ホワイトハウスの職員は、トランプは何人かの首脳に敵対心を抱いている一方で、安倍晋三やウラジミール・プーチンとは仲がいいのだという。




メキシコとの国境の壁

すでに報道されていますが、隣国メキシコのペーニャ・ニエト大統領とワシントンで31日に予定されていた会談はキャンセルされています。

発端はトランプ大統領が選挙戦の頃から言っていた「国境の壁」の費用負担をメキシコに要求したことが原因です。

本当にメキシコとの国境に3000km以上の壁を作った場合の費用は、最大で400億ドル(約4兆4700億円)と試算されています。

実際に物理的な壁を作った際の効果は、トンネルや海路もあるため、麻薬流入や違法入国にはあまり効果がないのではないかとも考えられています。

トランプ大統領は貿易赤字に触れながら、壁のお金を払う気がないならば会談をキャンセルしたほうがいいとまでツイッターで発言しました。

【NAFTA(北米自由貿易協定)】は1994年からはじまったアメリカ、カナダ、メキシコによる貿易と投資を行う際の障壁をなくす協定で、これによりアメリカは一方的に貿易赤字、失業者を増やしているといっています。

この発言を受けてメキシコ側が正式にキャンセルをしています。各国の首脳の動向がツイッターベースで進んでいるのも変な感じがします。

オーストラリア首相との電話会談

28日に行われたオーストラリア首相との電話会談では「今までで最悪だ」といって1時間の会談を25分で切り上げたそうです。

もともとはオバマ政権時代にまとめられた合意で、オーストラリアで難民申請した1250人をアメリカが受け入れることになっていました。

この合意をトランプ政権も引き継ぐことを確認したところ、ブチ切れたそうです。

しかし、この件は元々はオーストラリアへの難民希望者を、オーストラリア政府はナウルやパプアニューギニアに大金を払って収容所で審査する仕組みを採用したことが原因でもあります。

結果、難民達はオーストラリア本土にも住めずに、帰ることもできない、太平洋の島々での厳しい収容所生活を続ける状態になっていました。

難民受け入れのアウトソーシング、外部委託のような状況で、過酷な環境の収容所で難民の自殺が起こるなど社会問題としても注目を集めています。

オーストラリアのやり方には「非人道的な難民政策」と国連や人権団体から非難の声があがっており、告発映画『Chasing Asylum』も作られています。

映画の予告編があるのでご紹介しておきます。

これをオバマ政権が昨年の11月に一時的にアメリカが難民を受け入れる方針を示していました。

トランプ大統領はオバマ政権の合意を尊重するとしつつも、アメリカが単純に利用されているように感じる点にも納得がいかなかったのではないでしょうか。

安倍首相とゴルフ

安倍首相との日米首脳会談は10日に予定されていますが、自分の別荘があるフロリダで安倍首相とゴルフを行い、親睦を深める意向を発表しています。

前回の会談でゴルフクラブを贈られたことも伏線になっています。

またワシントンDCでの会談の後、フロリダまで大統領専用機のエアフォースワンに安倍首相が同乗するのではないかとも見られています。

経済政策や貿易赤字で日本を名指しで批判する一方で、安倍首相とは仲良くなる姿勢をアピールするなど、動向が気になる会談になりそうです。

関連記事

  1. 国籍放棄 なぜ以前より多くの人々がアメリカを離れるのか?
  2. 快適通勤 小池百合子が、夏の快適通勤ムーブメントを発表
  3. ミッフィー ミッフィーの作者ディック・ブルーナが89歳で死去
  4. ハワイアンピザ ネットでピザの上のパイナップルを巡る議論が白熱
  5. ザッカーバーグ フェイスブックの創業者が世界に向けて公開書簡を書く
  6. スクランブル発信 日本のスクランブル発進が今年度いままで883回を記録
  7. nasa 7つの地球のような惑星が同一の系の中で発見される
  8. オリンピック跡地 リオ・オリンピックの建物が崩壊、プールはオレンジ色に

おもしろニュース

  1. ユーチューバーへのストーカーで逮捕 ストーカー
  2. プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の会計士はアカデミー賞から出禁に アカデミー賞
  3. マラソン大会でコースを間違えて262人が失格 マラソン大会
  4. プレイボーイ誌にヌードが復活 プレイボーイ
  5. ビリヤード選手の大井直幸さんのインタビューがネットで拡散 ビリヤード

かんたん英語ニュース

  1. 小沢健二が音楽活動を再開 オザケン
  2. ミスタードーナツが健康ドーナツを発売 ミスド
  3. ビリヤード選手の大井直幸さんのインタビューがネットで拡散 ビリヤード
  4. ファーストクラスを体験できるアトラクションが誕生 ファーストエアライン
  5. 小さなカビの区画が170万円で売れる フレミング

上級者向け英語ニュース

コンフリクトキッチン アメリカの活動家は偏見との戦いに食べ物を使う

Activists using food to combat bigotry in the US…

国籍放棄 なぜ以前より多くの人々がアメリカを離れるのか?

Why are more people leaving the US than ever befor…

託児所 託児所が両親に対して「電話から離れろ!」

Day care to parents: “Get off your phone!!!!!”託児…

辞書 メリアム・ウェブスター辞書が1000以上の新語を追加

Merriam Webster dictionary adds over 1,000 new wor…

PAGE TOP