エンタメ&カルチャー

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の会計士はアカデミー賞から出禁に

アカデミー賞

PwC accountants banned from Oscars

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の会計士はアカデミー賞から出禁に

Two accountants working for PricewaterhouseCoopers (PwC), which manages all the Oscars’ votes, have gotten banned from future Academy Awards programs for their role in the mix-up that resulted in La La Land being mistakenly announced as the winner for best picture.

アカデミー賞のすべての投票を管理するプライスウォーターハウスクーパースで働く二人の会計士は、将来のアカデミー賞のプログラムでの役割を禁じられた。混同により『ラ・ラ・ランド』が間違って作品賞の受賞作品だと発表される結果になったためだ。

During the final minutes of the event, presenters Warren Beatty and Faye Dunaway were accidentally handed a back-up envelope for the Best Actress Award. It wasn’t until after the producers of La La Land were handed their statues, that everyone realized Moonlight was the actual winner.

イベントの最後の数分で、プレゼンターのウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイは、間違って主演女優賞の予備の封筒を手渡されていた。『ラ・ラ・ランド』のプロデューサーがオスカー像を手渡された後まで、全員が『ムーンライト』が本当の受賞者であると気が付かなかった。

The PwC rep Brian Cullinan, who was in charge of the cards, is said to have tweeted a picture of Emma Stone backstage only moments before he was to hand over the envelope. The 83-year relationship between PwC and the Academy Awards is now under review.

プライスウォーターハウスクーパースの代表者で、カードの責任者だったブライアン・カリナンは、封筒を手渡す直前にバックステージでエマ・ストーンの写真をツイッターに投稿していたといわれている。この83年のPwCとアカデミー賞の関係は今、見直しされている。




前代未聞のハプニング

大きなニュースになっていますが、先日のアカデミー賞授賞式の目玉ともいえる最優秀作品賞で、作品を間違えて発表するハプニングが起こっています。

本当の受賞作は『ムーンライト』でしたが、誤って『ラ・ラ・ランド』と発表されてしまい、オスカー像も手渡され関係者によるスピーチがはじまった後で、ようやく訂正の発表されました。

しかも訂正を発表したのが『ラ・ラ・ランド』のプロデューサーで「これはジョークではない」というドタバタ劇になっています。

発表と訂正のシーンを動画で見ることができます。

混乱の原因は発表を行うプレゼンターに渡された封筒に、主演女優賞の結果が入っていたことです。

封筒の中には「エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』」と書かれており、作品賞なので本来は女優エマ・ストーンの名前は必要ありません。おかしいと思いながらも、作品名を読み上げてしまったようです。

各賞の結果が書かれた封筒は予備も含めて2組あり、主演女優賞の予備が、作品賞のプレゼンターに渡ってしまったと見られています。

また集計を行うPwCのブライアン・カリナン氏は、直前にバックステージでエマ・ストーンの写真をツイッターに投稿してうかれ気分だったようで集中力に欠ける行為があったことも批判されています。

落ち度は担当した会計士にあるとはいえ「やってしまった感」は、仕事をしている人間なら誰しもが少なからずあるので、気の毒な感じもします。

ヒューマンエラーの問題でもありますが、83年に渡ってアカデミー賞の集計を請け負ってきた会計事務所のPwCは、秘匿性を担保するため、集計作業は意図的に手作業で行っていました。

またプレゼンターが壇上で封筒を開封する瞬間まで、受賞者の名前を知っているのはPwCの担当者2人だけとなるような仕組みでした。

予備の封筒があるのも、集計所から会場まで運ばれる際に2つのルートにわけ、どちらかでドラブルがあっても到着する構造になっているためです。

Moonlight

『ラ・ラ・ランド』は前評判が高く、作品賞は逃しましたが結果としては監督賞、主演女優賞など6冠に輝いています。日本ではすでに上映中です。

作品賞を受賞した『ムーンライト』は黒人の少年が自身のアイデンティティを追求するヒューマン・ドラマで、予告編が出ています。

アカデミー賞受賞の結果をうけて、日本でも公開が前倒しされて2017年3月31日からの公開予定です。

先日、長文記事にアカデミー賞の前哨戦の記事も書いているのであわせて御覧ください。

関連記事

  1. 指パッチン 指パッチンの世界記録が樹立
  2. 砂糖入りドリンク フランスでソフトドリンクの無料おかわり禁止
  3. ビリヤード ビリヤード選手の大井直幸さんのインタビューがネットで拡散
  4. オザケン 小沢健二が音楽活動を再開
  5. 逮捕 99歳の女性が楽しみのために逮捕
  6. 託児所 託児所が両親に対して「電話から離れろ!」
  7. サンマ 目黒のさんま祭りに20,000人が参加
  8. さっぽろ雪まつり さっぽろ雪まつりの雪像にトランプ、ピコ太郎

おもしろニュース

  1. ユーチューバーへのストーカーで逮捕 ストーカー
  2. プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の会計士はアカデミー賞から出禁に アカデミー賞
  3. マラソン大会でコースを間違えて262人が失格 マラソン大会
  4. プレイボーイ誌にヌードが復活 プレイボーイ
  5. ビリヤード選手の大井直幸さんのインタビューがネットで拡散 ビリヤード

かんたん英語ニュース

  1. 水族館からタコが脱走 ニュージランドの水族館
  2. ジョニー・デップが月に3万ドル(338万円)をワインに使う ワイン
  3. 小さなカビの区画が170万円で売れる フレミング
  4. ファーストクラスを体験できるアトラクションが誕生 ファーストエアライン
  5. 99歳の女性が楽しみのために逮捕 逮捕

上級者向け英語ニュース

コンフリクトキッチン アメリカの活動家は偏見との戦いに食べ物を使う

Activists using food to combat bigotry in the US…

国籍放棄 なぜ以前より多くの人々がアメリカを離れるのか?

Why are more people leaving the US than ever befor…

託児所 託児所が両親に対して「電話から離れろ!」

Day care to parents: “Get off your phone!!!!!”託児…

辞書 メリアム・ウェブスター辞書が1000以上の新語を追加

Merriam Webster dictionary adds over 1,000 new wor…

PAGE TOP